2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみじ

今が見頃です
スポンサーサイト

維持

reia46ytr.jpg
 
 苔のついた水草をトリミングする作業は、連休なら受け入れられる。
 平日は、優先順位の下位。
 常に維持するのは、定年後か。
 が、その頃は、己の体にトリミングが必要になるだろう。


 最近思うのは、案外、流木だけの方がスタイリッシュのような気が。



pigujeru2019.jpg

 水槽内を砂漠の様に…

 過去に飼育していた生物「ピグミージェルボア」を思い出す。
 最近はペットショップでも見ない。
 野生では、気温差が激しい砂漠地帯に生息している。
 

  

ネット再開

 約1ヶ月ぶりにネット環境が整った。その間、衝撃的な事件が発生した。
 
 アフリカヤマネ死す。

 原因について・・・。
 引越しの荷物搬入が夜間行われた。終わってみると、部屋の壁に大量の蚊が。殺虫剤を壁に満遍なくスプレーした。気づけば、部屋の空気が若干白くなっていた。落ち着くまで飯を食べに外出。
 翌朝、片づけ中にヤマネを見ると・・・。

 こちらの不注意ゆえに招いた悲劇。

 「猪突猛進」という言葉を今年はよく耳にするが、依然、猪園に行ったとき、猛進する姿は見れなかった。印象に残っているのは、牙や鼻で、濁った水溜りをほじくりかえす様であった。実に野生の魅力を感じた。
 韓国では、猪年ではなく「黄金の豚年」というらしい。猪は豚と表現されている。ちなみに自分はヘビ年だが、干支をきかれて「俺、黄金の豚年だよ」と微笑んでみたいものである。


 休み明けに家に戻ると、琉金の尾びれは完全に復活していた。最近は人に慣れ、手をガラスに近づけても逃げずに寄ってくる。

ピグミージェルボア永眠す

 本日、ピグミージェルボア永眠す。原因は明確でない。気温が低かったためか…。約5ヵ月であった。飼育メモ終了。

dethpj.jpg

第166回「占いから見た自分の性格」

第166回「占いから見た自分の性格」

 トラックバックテーマというのを、今さらながら発見。テーマを提供しているブログである。書くことがないとき選んでブログを長く続けられる。
 「占いから見た自分の性格」ということで、ネット上の占い「毛占い」をした。生年月日を入力すると、

へそ毛
 
 タイプの特徴
 ●意味不明
 ●優柔不断
 ●中途半端
 ●詰めが甘い
 ●失敗多い
 そして、「どこからどこまでがへそ毛なのかわからないように、あなたの行動は周りの人に理解されることはあまりありません」とあった。
 
 不愉快である。もうひとつ別の毛占いがあったので、同じく入力。

胸毛

 ●男性的、行動的、精力に満ちる
 ●非常に頼れる性格
 ●私生活はややだらけている
 ●ぴんと張った雰囲気の中ではやっていけない
 ●きびしいトレーニングや修行には向かない
 
 自分は「へそ毛」よりだろう。が、さらに衝撃的な記述があった。
 
「へそ毛さんと親密なおつきあいになることが、たまにあるようです」
 
 へそ毛が自分である。なぜに共存なのか…。内なる胸毛はへそ毛が大好きという、不気味な結果に終わった。

暖房

 最近は寒いためか、シェルター内にいることが多い。外に出ていても、寝るか寝ぼけている。砂に足跡が点々とついているため、動いてはいるようだ。冬には代謝を落とすらしいが、こんな感じなのだろうか。

 今日は特に冷え込み、暖房を入れた。しばらく後、目をやるとピグミージェルボアは走り回っていた。往復マラソンまではいかないが、動いたり止まったりを繰り返していた。温かくなったため、活発になったのか。

ピグミージェルボア

ピグミージェルボア、動画してみる。


 寝ぼけ。シェルターに乗ろうとするが失敗。ふらふらと移動している。

立ち寝

pj5.jpg

 帰って、電気をつけると立ったまま寝ていた。最近、水槽角での立ち寝をよく目にする。角が落ち着く気持ちは分からぬでもない。

pj13.jpg

 砂の上に置いてあるエサ場は、大抵翌朝、斜めに傾いている。ひどいときは、たっぷり入ったエサが全部外に出ていた。砂を掘る習性のためである。そのつど、エサを補充していたのが仇になったのか、あることに気がついた。丸い体系が、ラッカセイのようになったのである。体半分が、肉付きよく盛り上がっている。ピグミージェルボアは、確実に太っている。

雑貨コーナー

 クリスマス用のインテリアが並ぶ時期。黒板がついた棒を買う。棒幅をシェルター穴に合わせ、彫刻刀で削り、設置する。

pakisu.jpg

 「パキスタン」と記すも、いまいちだった。

jou.jpg

 「情」と記す。テンション低くなったが、面倒くさいので、しばしそのままいくことにする。

写真

pj3.jpg

 エアープランツ完全に枯れる。インテリアとして水槽内に放置する。ピグミージェルボア飼育メモ、メモることが特になくなってきた。食って、走って、寝るの繰り返しである。

食う
pj9.jpg

走る
pj11.jpg

寝る
pj8.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

水槽


水槽:60×30×40
熱帯魚
水棲ガメ
犬のブログ。

最近のコメント

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。