2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネールはカメの餌

 ミシシッピニオイガメは、スネールが大好物であることを知った。
 うまそうに、バリバリ殻ごと取り入れていく。
 水草水槽でカメの餌を育てていると思えば、大して苦ではなくなった。

 繁殖したスネールは迷わずカメ水槽に運ぶ。
 食欲旺盛なので、カメ水槽で処理できないのではという心配はない。

 この機会に、カメに名前をつけることにした。
 「キンスキー」と命名。
 自分の好きな俳優クラウス・キンスキーからとったものである。
 風貌にも近いものがある。


スポンサーサイト

カメ、水槽の外に

48kamenobo.jpg
 
 ゴツリッ

 音がした。
 水槽台の裏を見ると、黒光りする甲羅が。
 カメが、落下したのだ。
 ついに、外の世界に出ることができた。
 
 毎日、登っては落ちていたカメ。 
 涙ぐましい努力が報われた。
 
 が、登りつめたら、そこには、これまでにない落下が待っていた。
 水面にではなく、床に。
 衝撃はいかほどのものか…

 切ない話である。


45hyouinuko43.jpg
 
 時折、妙に切ない顔をする犬。


知らぬ魚

 海釣り公園にて。

imagekawaha34r.jpg
 
 手の平大のかわはぎが釣れた。
 

imagekawarawe345.jpg
 
 これはなんという魚であろうか。

 
 まあ、とりあえず味噌汁に入れて食った。
 困ったときは、味噌汁に入れるとなんとかなる。

 

kemesuiryuuu453.jpg

 水棲ガメは、底床に頭をつっこむこと甚だしい。
 というわけで、別水槽に移動した。
 同居生物は、タフで死なない我が家の伝説魚:サッカープレコのモヒ男である。
 長寿水槽と名付けることに。

 
aresuisou59y.jpg

 水草水槽は、大分荒れてきた。


ミシシッピ

 忙しい日々、水槽を眺めることも少なくなった。
 そんな折、流木で高台を作ることになった。

kamefuka22.jpg
 
kamefuka21.jpg

 これが、その高台である。
 なぜ、必要であるかというと、



kamehokora.jpg

 このように、浅瀬で休むためである。
 ミシシッピニオイガメ、水槽に追加。


ikitugigame3q.jpg

 甲羅干し+登って息継ぎするのに最適。


kourakame85r.jpg

 水草水槽に、甲羅が映える。

kamekoura2.jpg



 魚は、ベタを再投入した。

betaosu6we.jpg
プラガット♂

batamesu3.jpg

 こちらは、ベタの♀である。
 かなり色鮮やかであり、上記の♂にも劣らない。

 購入の際、店員が
 「ベタの女の子ですね」
 と言っていたのに、違和感を感じたが今はそうでもない。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

水槽


水槽:60×30×40
熱帯魚
水棲ガメ
犬のブログ。

最近のコメント

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。