2007-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマネ、隠れ場を発見す

imayasita1.jpg

 脱走防止のため、閉め切った水槽は通気が悪く、ガラスが曇る。ヤマネは最近、穴を掘ることを覚えたらしい。くぼ地を作っては、そこに隠れている。
 
 が、今日は姿が見えない。どこにもいない。どうやら、穴を掘り進めるうちに、黒い段を支える底台の裏側を発見したとみえる。完全に身を隠せる場所である。きっと引きこもるだろう。今後、日常的に姿を見ることはあるまい。


imageajisime.gif

スポンサーサイト

クロデメキン

imayahenk.jpg

「からくり段返り人形」を飾ることは却下され、段の部分をヤマネの運動場として利用することに。

imagsitakaure.jpg

 案の定、段下に待機する。立体的運動を好むため、夜は上り下りを繰り返すだろう。


mure1.jpg

 2日前あたりから水が赤く濁っていた。今日、原因が判明した。フィルターが作動していなかったのである。掃除の怠慢により、モーター部がつまって動かなくなっていた。

muretume.jpg

 左端で心霊写真のように写りこんだヒメツメカエル。
 新しくクロデメキンが入った。リュウキンとも争いなく過ごしている。

大人の科学

 大人の科学シリーズが、某薬局のチェーン店にて、破格で売っていた。店の前で野ざらしで売っていた。定価の3分の1の額で、残り1体。周囲の冷ややかな視線を感じつつも、即購入した。
 プラモデルのように過程は楽しめた。が、完成してみるとなんだかがっかりであった。このシリーズはいくつか買ってきたが、今回のは・・・・・・百聞は一見にしかず・・・・・・

karakuri.jpg
 
 意味が分からない。悪趣味界のプリンスである。

karakuri2.jpg

『からくり段返り人形』という。階段をひっくり返りながら下りていく、江戸時代のからくりである。中にパチンコ玉が入っており、重みの絶妙なバランスにより動きを実現する代物。
 

梅園

 梅園に行った。満開の梅か・・・。

imagebaien.jpg

 微妙。所々、咲いている。

imageume.jpg

imageume2.jpg
 
 もう、散ったのかと思いきや、つぼみあり。


imagehibari1.jpg

 出た。梅といえばこの鳥。

imagehibari2.jpg

 また出た。一眼レフで撮っている人もいた。


imageumeyama.jpg

 しばらくヤマネの姿を見ない。砂を掘って、エサ箱の下に隠れている。

毛づくろい

 
 毛づくろいをするヤマネ。


imageyama1a.jpg

 狭いところフェチである。隠れる空間がない時は、エサ箱の下を掘って入っている。頭にエサ箱をのせた状態も苦にならないらしい。


imageyama2a.jpg

 レイアウトを変えても、穴があったら入っていく。逆さま状態も苦にならないらしい。

ペーパークラフト

imageturioji1.jpg
 いただいたペーパークラフト、
動くサメ釣り親父」が完成。




















imageturioji2.jpg
 良い表情である。 









 













imageturioji3.jpg
 頭に鳥を乗せたまま、サメを釣るという究極の絵である。





















 動画。下部のハンドルを回すと動き出す。

歯医者

 銀歯がとれた。食べていたらゴリッとした。ガムでもキャラメルでもない。カキフライである。軟弱な銀歯に屈辱を感じながら、デンタルクリニックへ行った。
 最近できただけあり、内装は真新しかった。設備は最新式を思わせた。パソコンのディスプレイによる、レントゲン写真や治療法の説明。動画も交えて分かりやすかった。
 いろいろと、痛みや状況をたずねられたが、最後に我が耳を疑う選択肢を迫られた。

「どの音楽にしますか?」

 ヘッドホンで音楽を聴きながら、治療を受けられるサービスである。ジャンルも曲目も豊富で迷ったが、なんとなくヒーリング部門を選んだ。曲は、衝動的に選択した。

「じゃあ太極拳をお願いします。」

 ヘッドホンを装着し、目を閉じた。
 
 歯科医院で中国の朝を迎えた。
 歯医者の名前が、自然とハンさんに思えてくる。時折、ハンさんは声をかけてきた。

「ちょとでも痛かたら、遠慮なく手、あげる」

 発話も広東語風の日本語にきこえてきた。歯科衛生士はホアンさんにしようと誓う。

 麻酔が効いたころと言われたが、秘密を白状するレベルで痛みが走った。思い切り手を上げたかったが、太極拳らしく、柔らかくしなやかに左手を上昇させた。

 結局、3箇所の虫歯の処置をしてもらった。神経をとった歯以外は、一回ですんでしまった。治療の進歩に感謝した。

マシニスト

P1010011.jpg

 映画「マシニスト」を観た。
 原因不明の不眠症のため、1年間眠っていない男の物語。主演のクリスチャン・ベイルは、絶食で28キロ以上の減量をしたという。やせすぎ男の病的な姿態は、陰鬱な世界にしっくりきていた。
 

見合い

 白コリドラスとヒメツメカエルが見合っていた。
 エイリアンvsプレデターの世界。

miai.jpg

 
 えさの手渡しを試した。速攻で拒否。


第209回「本やテレビ、架空の世界に入るなら?」

第209回「本やテレビ、架空の世界に入るなら?」

 スターウォーズの世界で、ヨーダとシーフードヌードルを食べたい。


shasinym.jpg

 流木に身を任せ、だらけたヤマネ。

ダンゴ

ダンゴ姿で縮まって寝る。

 maruyama2.jpg

 ヤマネの尻尾はリス同様、強く捕まえると簡単にとれてしまう。一度尻尾がとれると、2度とは生えてこない。ハムスターデビューとなる。

生きた化石

 ヤマネの化石は、ヨーロッパでは5000万年前に見つかっているらしい。古代に繁栄した生き物であり、恐竜が滅んで哺乳類が多く出現し始めたころに登場した。

 昔から姿・生態を変えないため、生きた化石といわれる種の一つ。

kijouya2.jpg


 いろいろ検索してみると、最も目をひくヤマネの生態は、冬眠とあった。リスなどのネズミ目に属すものも冬眠するが、ヤマネの比ではないらしい。暖かくなると活発に行動を開始するのが通常であるが、ヤマネの場合は半年以上もの間、冬眠しているといわれる。
 「不思議の国のアリス」において、「眠りネズミ」として登場しているらしいが、この生体ゆえである。

第196回「サラダには何をかけますか?」

トラックバックテーマ:第196回「サラダには何をかけますか?」
 
 ゴマだれドレッシングだろう。初めて出会った時は、眼からうろこであった。特にキャベツに絡むゴマだれは、うめき声をあげるレベル。
 次は、ケチャップ。オムレツ時、終盤にかかると、付け合せのサラダを一緒にからめ、大量のケチャップを積もらせる。混沌を食す喜びにうち震える。

 オールマイティとして、ウスターソースをびちゃびちゃにかける精神だけは忘れたくない。

 

眼の退化した魚

 過去の飼育魚を紹介。

 名前・・・忘却。
 南米の洞窟に住む魚だったと思う。
 暗闇で生息していくなかで、眼が退化した。
 体表に眼は無く、全身の色素は無い。

taikagyo.jpg

 普通のホームセンターに、200円くらいで売っていた。飼育水温が約15度というのを後で知り、星となった。熱帯魚と混泳させていたため、通常水温は26度に設定していた。
 
 不思議な違和感のある魚だった。

リンゴ喰い

 時折、冬眠と勘違いする。
 ペットショップの親父は「生後1年目は、冬眠すると死ぬ率が高い」と語っていた。


 食後にリンゴを食べたので、芯を入れてみた。
 警戒してか、最初はちゅうちょしていた。


 すぐにむさぼり始めた。一度味を占めると、止められない。

アフリカヤマネ

kijouya.jpg

 夜間は活発に動くのを見るが、相変わらず警戒を怠らない。水槽端のエサ箱に行く前、こちらをじっと見つめる。万引き犯が店員を確認するかのようである。


 本日、初めて豆乳鍋を食べた。飲む豆乳そのままをイメージしていたが、先入観を裏切って旨かった。明日、残り汁にはご飯より麺を入れようと企む。

白コリドラスが白さを取り戻す

sirokori.jpg

 過去、おぞましい水質悪化により、青白く変貌したコリドラス。ふと見ると、わずかながら白さを取り戻していた。

休み

 インドアな休日。
 
 たっぷり寝ようと思うほど、早起きになる。気分がリラックスしていると、2度寝ができない。
 とりあえず、コーヒーを入れた。視界に入った昨晩のエビフライ。見過ごさず、口に放り込んだ。牧草を食べる草食動物の設定で、咀しゃくした。冷めたままの、しんなりした衣の歯ざわりは好きだ。許せないのは、天ぷらうどんの海老天の衣が、一口目にしてずるっと脱げ落ちたとき。ただのゆでたえびと化した時の始末の悪さ。
 
 ヤマネが視界に入った。

imaue.jpg

 朝はだいたいこんな感じである。ヒーターの上で暖をとっている。

 ため込んだ録画番組を、一気に見た。「リンカーン」「ガキの使い」「プロフェッショナル」「ダーウィンが来た」…一週間前にあった番組の最新放送が明日あるのは、少し得をした気分だ。

 テレビに飽きて、PCを起動。これまたため込んだメールを読む。手をつけていないメールマガジンが40件あり、頭の体操として、3通音読してみた。
 
 かつて、3ヶ月起動してなかったPCで、迷惑メールが500件以上来たことがあった。まとめて選択せず、あえて、一件一件を削除キーの壮絶な連打で消した。ものすごく細かい労働だった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

水槽


水槽:60×30×40
熱帯魚
水棲ガメ
犬のブログ。

最近のコメント

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。