2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り水槽

sotairoiroe45.png

 水草水槽で迷惑な個性を発揮した生物は、残りへ行く。


kakuriseibutu32s.png

 飼育している生物を擬人化し、ふきだしをつけた画像をよく目にする。
 可愛らしいセリフが多いが、実際は、こんな感じだろうと思う。

ngugigigi.png

ushaaaxtu.png

kishaaxa.png



スポンサーサイト

徒歩の悲劇

 出勤中の朝、何かを踏んで振り返った。
 犬の糞が、半分つぶれていた。
 
 ぬるっとした感じではなく、外側サクッと中はもっちりの感触で、踏んだ。
 凍っていたのだろう。
 実に不愉快であった。
  
 実に不愉快であった。

 付着してすぐに確認できる勇気は持ち合わせていない。
 路面にこすりつけながら、そぎ落とすように歩いた。

 表面に粘土質を感じなくなったので、恐る恐る靴底に目をやった。 
 
 ゆるいカーブを描く溝を、黄土色のクソが、埋め尽くしていた。
 実に不愉快であった。

 靴底の溝にフィットするものが道路上にないか探した。
 しっかりとぬぐえそうな突起物はなかなか見つからなかった。
 緊急事態にあせる。
 が、周囲にウンコを踏んだことを悟られてはならない。


 道路わきにそれはあった。

 期待にそえそうな形状に心躍る。
 鉄でできた格子状の排水溝の蓋である。
 
 ぬぐってくれと願いをこめて、シュッと踵を押し付けた。
 
 が、横断歩道の手前で確認すると、ねちゃりとこびりついていた。
 レジで商品のバーコードを読み込むのとはわけが違った。
 
 
 信号が青に変わった。
 クソ取り再開の合図である。

 シュッ シュッ 

 排水溝の蓋を見つけては、押し付けていった。
 徐々にこつをつかみ、よりフィットできる角度が分かるようになってきた。

 次の信号待ちで確認すると、

 『おおっ』

 心で歓喜した。
 大部分が、消えていた。
 靴底の色彩をここまで愛おしく感じたことはない。
 

 安堵して、職場についた瞬間、悲しい現実に気づいた。
 うちの職場には下駄箱はなく、靴も仕事着も自分のロッカーに入れる。
 ロッカーはかなり狭い。

 うっすらウンコのついた靴を、洗い立ての服と同じ空間に閉じ込めた。
  
 

加湿空気洗浄機

 加湿空気洗浄機を買った。

kasitusei34.jpg

 どれほどのものか、買った初日、キムチ鍋をした。
 なかなか、敏感である。
 匂いセンサーがすぐについた。
 犬が素通りしただけで、反応する時もある。

kasitusei35.jpg

 動機の1つは、部屋の中から犬の匂いを除去するためである。
 が、マシーンの前で、我関せずの涼しげな表情をしている。

kasitusei36.jpg

 ウィルス・カビ菌分解・除去、湿度調整など、多機能である。
 安心を買ってみた日。

 

くじ引き

 初詣に行き、くじ引きをしたら、8等だった。

 「8等は盆栽です」
 
 目前の台にはない景品に戸惑う。
 
 「お好きなものをどうぞ」
 
 係の手の向く方には、盆栽コーナーが。
 奇抜な枝ぶりのものより、しゅっとした感じのものを選んだ。

 盆栽は結構重たい。
 寒風の拭く中、ビニール袋が指に食い込む。
 
 神社で当たったので、なんとなくありがたい気がする。
 育て方は分からないが、むげにはできない感覚を味わう。
 牛が当たった人ほどではないだろうが。

 元旦から盆栽をはじめることになった2009年。

 
bp0nsan342w.jpg

 花梅(八重咲き)。未知の盆栽世界。

bonsai243q.jpg

 根元付近はお気に入りである。時を感じるから。

  
iroinu234a.jpg
 
 犬は今年もマイペースな面構えである。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

水槽


水槽:60×30×40
熱帯魚
水棲ガメ
犬のブログ。

最近のコメント

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。