2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アピストグラマ、繁殖失敗

 アピストグラマ・カカトゥオイデスのペアがいる。


 一度目

 子育て魚といわれるだけあり、孵化した稚魚の面倒をみていた。離れた稚魚を口に含んでは、目の届く場所に引き戻したり、忙しなく動いていた。メスが子育てし、オスはしらんぷりというのが通常らしいが、オスも積極的に参加していた。

 5㎜ほど成長した稚魚が、泳ぐような動きを見せ始めた。底からは離れないが、直に泳ぎだすと思われた。

 ある日、夕刻のウォーキングから戻って水槽を見ると、争いが起こっていた。

 3匹のペルマトが、子育て中のアピストグラマを襲ったのである。一瞬にして家庭崩壊。稚魚全滅。アピストグラマのオスは極度の興奮。パニックにおちいり、とった行動は…

 先ほどまで共に稚魚を守っていたメスへの攻撃だった。
 


 2度目 

 ペルマトを隔離した後、2週間ほどで再び産卵、孵化。
 
 ある日、ふと見ると、オスはでかい口に稚魚を5、6匹含み、安全な場所に戻していた。
 再度見ても、オスは離れた稚魚をいつものごとく口に含んでいた。よく面倒をみるものだと感心したまま、眺めていると、オスは稚魚を吐き出さない。

 わが子を食った。



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nst.blog40.fc2.com/tb.php/110-feb209b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メタボリック忍者 «  | BLOG TOP |  » ヒメツメカエル絶滅

水槽


水槽:60×30×40
熱帯魚
水棲ガメ
犬のブログ。

最近のコメント

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。